美作市スポーツ医療看護専門学校

専門学校で介護を学ぶということ~姉妹校卒業生インタビュー②~

みなさんこんにちは! 介護福祉学科Miwangです。

前回のブログで紹介した、姉妹校の卒業生へのインタビューの後編です!

専門学校で介護を学ぶということ~姉妹校卒業生インタビュー①~>>>

 

Q6.介護福祉士として4月から9ヶ月 働いてみてどうですか?

困って困って、仕事に行きたくないというようなことは一度もなかったです。職場では、わからないことを何でも聞きやすい環境を作ってもらえていて、すごく助かっています。最初は私と同じ新卒の同期が職場にいなくて、先輩に仕事の話を聞いてもらっていたのですが、内面的な事や悩みまではなかなか話せず、しんどかったことはありました。でも今はだんだんと慣れてきて、毎日楽しく仕事できています

Q7.働いていて、学びは活きている?
仕事の中で介護計画を立てるときに、一回で出来た!というのではなくて、実際の介護で、利用者の状態から評価・修正していくということが繰り返しできるようになったのは、大きな成長だなと実感しています。

Q8.介護の魅力が社会にあまり伝わっていないことについてどう思う?
一気に浸透するのは難しいと思うし、「いい仕事」って上っ面だけで伝わるのもなんか嫌ですね(笑)実際に働いてみて「なんだ簡単」とその場しのぎでいけると思われるのも嫌ですし・・・。でも介護の仕事の良さをしっかり伝えていって、いい環境であることがじわじわと伝わるといいなと思います。

Q9.介護の仕事をしようと悩んでいる高校生に介護の仕事のよさを教えて!!
利用者さんの生活を通して、一番近くに感じられることはとてもやりがいです。
利用者さんに寄り添うことができるって、なんかきれいごとのように聞こえるけど、一番近くに寄り添うことで、その人ができることをみつけて意欲的になったりすると「やりがい」を感じます。利用者さんが元気になって在宅復帰するとなおのことそう思います。

Q10.今後はどうなりたい?
まだ1年目なので、正直わからないことだらけです。でも、介護の仕事は家庭を持って子どもがいても長く続けたいと思っています。
ケアマネージャーもスキルアップになると思うので資格を取りたいとは思いますが、ケアマネ専属というよりは「介護職」で利用者さんの「そば」にいたいというのにはこだわりたいです。

Q11.どんな介護福祉士になりたい?
職場の会議に出ると、自分ではちゃんと利用者さんを見ているつもりだったけど、全然見れていないことがあらためてわかります。
これから経験を積んで、利用者さんのことを家族の方に聞かれても、的確に答えることのできる総合的な介護福祉士になりたいと思っています。そのためには利用者さんの家族との関わりもとても大切だと実感しているので、家族へのフォローもしっかりとできるようになりたいです。
経験を積んで視野が広がれば、施設だけに留まらず、地域に住んでいる高齢者や認知症の方にも何か支援できる人になりたいです。

海外研修での一枚

 

Miwangは、介護に興味があって専門学校に行こうかなと思っている人に伝わるように、卒業生がちゃんと言葉を選んでくれていることがとても嬉しかったと言っていたよ。あと、写真に写っている利用者さんとの心温まるエピソードを聞いてMiwangはうるうるとしてしまったらしい。
利用者の温かい人柄を引き出すことのできた卒業生の「寄り添い」に感動したみたい!

そうそう!介護はこんな「Heart warming」な出来事がいっぱいある! 日常だけでなく、仕事の中でも心温まる体験がたくさんあるっていうのも、介護の仕事の素敵なところのひとつだな~としみじみ・・・
心温まるエピソードは、ブログでは伝えきれないので、「とっておき」にするらしい!聞きたい人はぜひ本校のオープンキャンパスへ!!

教職員一同お待ちしております(^^)/☆

 

介護福祉学科について>>>

オープンキャンパスの詳細・お申し込みはこちらから>>>

ページトップへ