美作市スポーツ医療看護専門学校

柔道整復師を目指す人必見!高校生のうちにできること

皆さんこんにちは

今回は、柔道整復師を目指す高校生が今からできることについてお話したいと思います。

 

柔道整復師として必要なスキルとして

①包帯、テーピング、手技療法などの技術

②どこを痛めて、どのような傷害を抱えているのかを調べる、問診力、評価力

③患者さんに説明したり話を聞きだす、コミュニケーション力

などが必要になってきます。

 

その中で高校生のうちにできること

生物に関する内容の勉強

人の体を触って施術する柔道整復師です。体のことについて沢山知っておいてほしいので、生物の細胞や臓器のところは見直してほしいと思います。高校でそもそも生物の授業がなかった人は、生物の人の体の仕組みをゆっくりでいいので覚えていくようにしましょう。余裕がある人は筋肉の名前を覚えるようにすると安心です。専門学校に入学してしばらくは、骨・筋の名前を覚えることから始まります。

高校のうちに慣れ親しむことでみんなよりも一歩リードできるかも

 

②コミュニケーション

患者さんと接することが主の対人関係の職業です。積極的にいろいろな人たちと話をしていきましょう。仲のいいお友達はもちろん、部活の優しい先輩や少し話しづらい同級生、学校の先生方とコミュニケーションをとることを意識して学校生活を送ってみてください。

コミュニケーションは天性のものではありません。スキルだから練習や場数を踏むことで必ずレベルアップします。入学後の同級生とも早くに打ち解けることができますよ

 

以上高校生のうちにできることを2点紹介しました

ぜひチャレンジしてみてください

 

  • 柔道整復スポーツトレーナー学科はこちら

ページトップへ