美作市スポーツ医療看護専門学校

増税後の接骨院の治療費は?

みなさん、こんにちは

 

この10月から消費税率が8%から10%に引き上げられましたが、病院や接骨院での治療費はどうなっているかご存知ですか?

 

病院や接骨院での治療費は上がる!?

病院での治療費(=診療報酬)     0.41% UP

接骨院での治療費(=柔道整復療養費) 0.44% UP

“引用:医療費の診療報酬の一部改定” “引用:柔道整復療養費の改定について” 

 

実情として、

医療機関や接骨院にとっては、頂けるお金が少し増えるということです。

また、患者さんにとっては負担額が少し増えるということです。

 

 

今回は、このようになった仕組みを説明していきたいと思います。

 

病院や接骨院での治療費は非課税の対象じゃないの!?

公的医療保険でカバーされる社会保険診療(医療的サービス)は非課税の対象です。

なので、医療機関や接骨院が保険診療等を提供する際に、患者さんから消費税を受けとることはありません。

しかし、増税のタイミングで、非課税対象となる診療そのものに対する報酬が上がり、患者さんの負担額が上がります。

 

 

患者さんの負担額(=診療報酬)が上がるのはなぜ!?

医療機関や接骨院は、医療的サービスを提供する際にさまざまなものを準備・購入します。

それらの購入のほとんどの場合に、消費税がかかっているので、増税すると医療機関や接骨院側の支払いが大きくなります。

仕入れ時は支払いが大きくなるのに報酬はそのまま、だと医療機関や接骨院への負担が大きくなります。

そこを改善するのが、さきほど出てきた診療報酬(非課税対象となる診療そのものに対する報酬)のプラス改定です。

 

平成26年の消費税5%から8%への増税のときは?

病院での治療費(=診療報酬)     0.63% UP

接骨院での治療費(=柔道整復療養費) 0.68% UP

“引用:平成26年度診療報酬改定率を踏まえた財源配分について” “引用:柔道整復療養費の改定について” 

増税の際には、医療機関や接骨院に負担がかからないように対応されています。

 

介護に関する報酬はどうなの?

平成26年4月 5% ⇒ 8%  0.63% UP

令和元年10月 8% ⇒ 10% 0.44% UP

“引用:平成26年度介護報酬改定に伴う関係告示の一部改正について” “引用:介護報酬改定について” 

介護の領域でも、増税に対してプラス改定で対応されています。

 

 

ここまで消費税の増税に関して説明してきましたが、消費者として考えるとマイナス面が大きくなりますが、

医療サービス提供者として考えるとマイナスでないことがわかります。

 

趣味や娯楽に関するサービスは我慢できても、医療サービス(治療など)は我慢できません。

介護領域に関しては、増税によって新たな財源もできましたので、医療や介護領域にとって増税はマイナスではないと言えますね

ページトップへ