美作市スポーツ医療看護専門学校

☆この冬知っておきたい風邪予防豆知識☆

みなさんこんにちは

秋も少しずつ深まり、寒さも日に日に増してきていますよね。

まわりには、風邪をひいているかたもちらほら・・・

今回は、看護学科教員が「この冬に知っておきたい風邪予防豆知識」をお伝えしたいとおもいます

 

やっぱり風邪は1に予防、2に予防!!!

 

かぜの原因の8〜9割はウイルスで、残りが「A群β溶連菌」などの細菌であるとされていますしかし、抗生物質は細菌にしか効果がないため、かぜのほとんどのケースで無意味。副作用の点からも、むやみな投与は避けられている現状があります

そこでかぜの予防方法として、日本呼吸器学会は「手洗い、うがい、マスク着用」を推奨してます。

学問に王道はありませんが、かぜの予防にはやはり、この3つが王道です

 

手洗い後のアルコール消毒に注意

ここ最近、デパートのトイレなどに消毒用のアルコールが置かれていることが多くなってきていますが、みなさんはきちんと水分をふき取ってから消毒していますか?

実は手洗い後、手が濡れているまま消毒しても、手に付着している水分でアルコール濃度が下がり、せっかくの消毒効果がなくなってしまうのです・・・備え付けのハンドドライヤーや手持ちのハンカチ等でしっかり手を拭き、その後のアルコール消毒を心がけていきましょう

 

うがいっての効果ってスゴイかも!?

無意識に口や鼻を触ったり、空気中に浮遊するウイルスを知らないうちに吸い込んだりして、私たちの「のど」は常にウイルスの脅威にさらされています。

のどを保湿しウイルス感染を防ぐには、何よりもまず、うがいを習慣化することです。定期的にうがいをしてウイルスを洗い出し、常にのどを潤しておくことが、風邪予防に直結します

うがいのポイント

(1)コップに水、もしくはぬるま湯を用意する
(2)口に水を含み、正面を向いたまま「クチュクチュ」と口の中をすすいで吐き出す
(3)また口に水を含み、顔を上に向けて、「がー」と声を出す(普通のガラガラうがい)
さぁ、この冬も元気に乗り切りましょう

ページトップへ