美作市スポーツ医療看護専門学校

実習先には野球肘のメディカルチェックもあります!

みなさん、こんにちはこんにちは デコメ絵文字 

 

昨日、当校柔道整復スポーツトレーナー学科の実習先である播磨メディカルチェック研究会の第4回姫路市中学校野球部メディカルチェックに、当学教員2人見学というかたちで参加させていただきました。

この団体の目的は4月のブログでも少し紹介させていただきましたが、今回は姫路市内の中学校8校、全72名の軟式野球部1年生が対象です。

姫路市内の中学校野球部顧問の先生方は離断性骨軟骨炎の早期発見・早期治療の必要性をしっかり理解されており、このようなかたちで大々的に行われています。

 

前回の4月22日のメディカルチェックの際は当学科教員1人が評価スタッフとして参加しましたが、今回は教員2人で、本校学生が何年生で何ができるか、またそのためにはどのような準備をしておく必要があるかを確認しました。

 

 

 

上図のようなさまざまなチェック項目がありますが、スポーツ現場で必要とされる知識・技術、何のために、どのような方法で実施するかを臨床現場で学んでもらおうと思っています。

さらには、医接連携(医科と柔道整復師の連携)の必要性も肌で感じてもらえるように、医師の触診や説明の仕方を見たり聴いたりしてもらいます。

当学科はこのような実習現場を含む、卒業してから必要となる実習経験を在学中に積んでもらいます。

 

4月5月と続けて野球肘のメディカルチェックに関する内容でしたが、野球以外のスポーツ実習現場を紹介していく予定にしておりますので、楽しみに待っていてください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました吹き出し(ありがとう) デコメ絵文字

 

 

 

ページトップへ