美作市スポーツ医療看護専門学校

第1回スポーツ教員セミナー

みなさんこんにちは^^

11月14日(火)、本校にて中学・高校の先生方を対象とした「スポーツ教員セミナー」が開催されました!

 

セミナーの内容は、「スポーツ時の応急処置(足首ねんざ処置)」と、「トレーニング指導の基礎知識(フォームチェック)」です。

本校の柔道整復スポーツトレーナー学科の教員が担当させていただきました!

 

まず最初に「スポーツ時の応急処置(足首ねんざ処置)」について、中井先生による説明のあと、早速実践!

 

まずは、アイシングで必要となるアイスパックの作り方から。 ビニール袋に氷を入れ、しっかりと空気を抜きます。

 

次に、バンテージを患部に巻いてアイスパックを固定します。ケガをしたところを確実に冷やすためには、アイスパックと皮膚の間に隙間ができないようにしなくてはなりません。参加いただいた先生方も、真剣な様子で説明を聞いていらっしゃいました。

 

次は、奥出先生による「トレーニング指導の基礎知識(フォームチェック)」についての講義と体験です!

 

まずは、いつも行っているようにスクワットをしていただきます。次に、横からフォームをチェックしながら、膝がつま先より前に出ていないか、背中は丸くなっていないかを確認します。足首が固くてうまくしゃがむことができないという方は右の写真のように、かかとの下に本や板などを挟んでスクワットをすると、しゃがみやすくなります。

 

プッシュアップ(腕立て)とクランチ(腹筋)も同様に、横からフォームをチェックしながら、正しいフォームで行われているかどうかを確認します。

誤った方法や姿勢でトレーニングを行うと、効果が得られにくくなるばかりでなく、身体への負担が増え、痛みやケガの原因となってしまうため、指導する際には正しい知識が必要になってきます。

今回のセミナーは、そういった緊急時の対応やクラブ活動の指導について、実践を交えながら先生方と一緒に学ぶといった内容でした!

参加いただいた先生方からは、「応急処置法や、トレーニングの基礎の重要性をあらためて理解することができた」「授業の中でも実践したい」「次回のセミナーも楽しみにしています」といった感想をいただきました!

 

本校は地域に根付く学校として、先生方と一緒に学び合う機会を作っていきたいと考えています!

今後もこのようなセミナーを実施していく予定ですので、詳細が決まり次第お知らせいたします^^

柔道整復スポーツトレーナー学科はこちら>>>

ページトップへ