美作市スポーツ医療看護専門学校

第1回研究発表会を開催しました

本校にとって初めてとなる研究発表会が本校の講堂を会場に開催されました。

学校長からは「結果に至る過程こそ大切にしてほしい」という言葉を頂き、代表者の発表がスタートしました。

司会・進行、タイムキーパーなど運営もすべて学生が行います。

今回の発表会では看護学科より2演題、介護福祉学科、柔道整復スポーツトレーナー学科よりそれぞれ1演題の発表がありました。

退院に向けたストーマの自己管理について(看護学科)

COPDによる循環状態不良患者への看護-足浴やフットマッサージの効果を振り返る-(看護学科)

年代別による死生観の違いと効果的なグリーフケアについての考察(介護福祉学科)

ペットボトルダンベルでの前腕筋群に対するトレーニング効果について(柔道整復スポーツトレーナー学科)

各発表に対して、聴講している学生からも積極的な意見や質問がありました。

看護学科・介護福祉学科・柔道整復スポーツトレーナー学科とそれぞれの領域の違いがあり、学生たちが他学科の発表にも興味深く耳を傾けている様子が印象的でした

この経験をぜひ今後に生かしてもらいたいと思います。

発表者と運営担当の学生のみなさんお疲れ様でした!

  • 看護学科はこちら
  • 介護福祉学科はこちら
  • 柔道整復スポーツトレーナー学科はこちら

ページトップへ