美作市スポーツ医療看護専門学校

お家でできる〇〇シリーズ~第1弾ハッピーホルモン~

みなさん、こんにちわ

介護福祉学科の体育会系担当のIです。

いかにもスポーツしてそう。と言われますが、体力は衰退しております。。見た目だけ・・・というやつです。

あの頃の体力はどこへ・・・。

ということで、おうち時間が増えたのでこれを機に『おうちでできる〇〇シリーズ』に挑戦中。

朝は、某テレビ番組のZ〇Pを観ながら体操を全力で行い、ストレッチ・・・足がつりそうです。

夜は、お風呂上りにストレッチと腹筋・・・足とお腹がつりそうです。

日頃からの意識が大切ですね

 

ところで、皆さん

「エストロゲン」って聞いたことありませんか?

某テレビ番組でも特集されていましたが通称「ハッピーホルモン」といわれているそうです。

家族や親友、大好きな人とハグをしたらホッとしませんか??

このホルモンが「エストロゲン」といわれています。

ハグなんて恥ずかしい~ですよね。

 

エストロゲンをアップさせる効果があるものとしてはタッチケアハンドケアがあります

このケアは介護現場でも実践されています

実際に身体に痛みがある方や、認知症の方にタッチケアをしたところ

痛みや認知症の症状が緩和されたといった効果もあらわれています。

グイグイとマッサージするのではありません

ハンドケアの一部を紹介します↓

 ←「密」を避けるため、人体モデル「ケイコさん」を癒します

   ←癒され中

①体温が伝わるように手をあてます

②ゆっくり優しくすべらすように背中全体をマッサージ

これだけでも癒されます。肩こりにも効果的

 

・・・でも、今は会えないタッチできない

そんな時は、『電話』や『ビデオ通話』をしましょう

えっ!?電話!?

友達や家族に会えなくても耳元で声を聴いたり、顔を見て話すことで「エストロゲン」はUPするそうです

離れて暮らすおじいちゃん、おばあちゃんに電話をしてあげよう。

「おうちでできる幸せシリーズ」

大好きな孫からの声を聞くと「ハッピー!!」

 

自分を守ることは大切な人を守ること

大変なときですが、頑張って乗り越えていきましょう!

  • 介護福祉学科はこちら

ページトップへ