美作市スポーツ医療看護専門学校

【本校の教員を紹介しますシリーズ 柔スポ編part2】

みなさん、こんにちは

 

【本校の教員を紹介しますシリーズ 柔スポ編part2】

 

2人目の紹介です

 

① モットー

知識なき技術は危険で、技術なき知識は意味がない。

 

② 名前

丸山 顕嘉 先生

(学生作画)

 

③ 学位・資格など

柔道整復師免許、柔道整復師専科教員資格

はり師免許・きゅう師免許

日本赤十字社 救急法救急員指導員

(公財)柔道整復研修試験財団  健康柔体操指導者

(一社)日本柔道整復接骨医学会  認定柔道整復師

(大)岡山大学医学部 客員研究員

 

④ 社会貢献活動

柔道整復師免許取得後、京都の外科医院のスポーツリハビリテーション科で勤務。

大学教員、専門学校教員を経て、美作市スポーツ医療看護専門学校の教員となる。

学術面での活動も積極的に行い、学会で座長や発表者として参加、書籍の作成も行っている。

また、赤十字救急法の普及も積極的に行い、地域への救急法の普及を行っている。

 

 

⑤ 担当科目

トレーニング論、柔道整復系科目(基礎・臨床・実技)、卒業研究、その他

 

⑥ メッセージ

医療を取り巻く環境は日々変革しております。その環境の変化に伴い、柔道整復の業界も変革が進んでおります。単なる伝統医療としての柔道整復から、地域のヘルスコーディネーターとしての柔道整復師へ変革が必要です。

基礎医学の知識、施術できる技術、患者さんに寄り添う心、全てを兼ね備えた医療人を目指して頑張って行きましょう

 

【本校の教員を紹介しますシリーズ 柔スポ編part1】は⇒こちら

 

美作市スポーツ医療看護専門学校柔道整復スポーツトレーナー学科のオープンキャンパス体験授業内容は⇒こちら

ページトップへ